カードローン申込みで嘘はバレる

カードローン申込みで嘘はバレるのか|スマホでいつでもカードローン

カードローンの審査では申込み書に記入した年齢、収入、職業、雇用形態、居住形態などが大きな影響を与えます。もちろん収入は高く、安定した職に就いている方が有利になるでしょう。また、持家に住んでいて家電を引いている方がいいともされています。
そこで、審査に通過したいがために嘘の情報で申し込む人もいるのが現状です。

 

さて、この記事では嘘の申告がばれるのかを考えてみたいと思います。

 

まず、審査では勤務先の会社に在籍確認を行います。
金融会社の担当者が申込み書に記入された会社に電話連絡をして、本当に在籍しているのか確認を取ります。そのためここで確実に収入や勤務先に関する嘘の申請はばれてしまうでしょう。
また、必要に応じてですが収入証明書の提出も求められるため、これが提出できなくても同じことです。

 

また、カードローンの審査では申込み書の内容はもちろんですが、個人信用情報機関に登録されている情報もチェックしています。
個人信用情報機関とは、消費者が利用した銀行、消費者金融、信販会社などの情報が記録されている機関です。例えばキャッシング、カードローン、クレジットカードなど各種ローン商品に関する記録です。
申し込み時の内容からはじまり、借入件数、借入額、返済状況などがあります。例えば収入が高くても他社の借入額が大きかったりすると返済が厳しいと判断されて審査には通過できません。

 

こうした嘘がばれると今回のみならず、今後の借入れにも悪影響を及ぼします。